• HOME
  • ランゲ モンソルド 2010 チェレット
商品詳細

ランゲ モンソルド 2010 チェレット

Lange Monsordo 2010 Ceretto

「最上の畑で、最上の酒しかつくらない」
ピエモンテ名醸造元チェレット社のポリシー!

ランゲ地区ベルナルディーナの畑に植えられた
カベルネソーヴィニヨン、メルロ、シラーなどの国際品種の
ブレンドで造り上げる、現代的でスタイリッシュな
ランゲ・ロッソ『モンソルド』!

ワインの王者、王者のワインと讃えらえるイタリア最高の赤「バローロ」「バルバレスコ」。その銘醸地最高のつくり手として世界に名声を博しているのがチェレット社です。同社は1939年、ピエモンテ地方アルバ地区でリッカルド・チェレット氏が基礎を築き、’60年代に子息のブルーノ氏とマルチェロ氏の兄弟が継承。「最上の畑で、最上の酒をつくる」というきわめてシンプルなポリシーを、しかしきわめて頑固に貫いている名醸造元として知られています。

当初は小さなワイン農園でしたが、ブルーノ氏とマルチェロ氏が厳選した畑を買い進め、バローロ約20ha、バルバレスコ約10haを始め、約150ha所有しています。また、ゾンケッラ、アジイなど一部のワインで買いブドウを使用していますが、これらは長期契約を結び栽培指導などをおこなっている信頼のおける栽培農家のブドウです。

チェレット社の特徴は、大きな醸造センターをもたずに、銘醸地ごとに醸造所をおく経営ポリシーにあります。バローロ地区では最上の畑とされる『ブリッコ ロッケ』畑の脇にブリッコ ロッケ醸造所を経営。バルバレスコ地区ではやはり最上の『ブリッコ アジリ』畑の中にブリッコ アジリ醸造所を経営。またカベルネやピノ・ネロ、シャルドネ、あるいはアルネイスなどの品種名ワインのためにはベルナルディーナ醸造所を経営するなど、いくつもの名醸造所の集合体としての形態をもっています。こうすることにより、各銘醸地の個性を最上の形で発揮させることができるのです。

チェレット社ではベルナルディーナの畑にカベルネ種やピノ・ネロ種、シャルドネ種などのフランス系品種も栽培していますが、伝統のバローロやバルバレスコなどのワインが繊細さと気品を求めるのに対して、こちらはむしろきわめて骨格のしっかりした力強さを特徴とするワインとして仕立てられ、特にアメリカ市場で高い評価を獲得しています。

『モンソルド』はランゲ地区アルバのベルナルディーナの畑に植えられたカベルネソーヴィニヨン、メルロ、シラーなどの国際品種のブレンドで造り上げる、現代的でスタイリッシュな赤ワイン。品種毎にステンレスタンクで定温発酵後、小樽でマロラクティック発酵。その後ブレンドし、16?18ヶ月間ボルドータイプの樽で熟成させます。バニラなどの甘いスパイス、キメ細かくなめらかなタンニン、熟した酸、まろやかで凝縮感のある果実味、そして贅沢な樽香が調和しています。ワイン名がボトルに大きく点描されているモダンなデザインで、プレゼントとしても人気です。

ランゲ モンソルド 2010 チェレット
ランゲ モンソルド 2010 チェレット
ネット価格 ¥2,980 (税別)
数量
現在品切れ中

ワインデータ

生産国 イタリア
産地 北部/ピエモンテ州
クラス ランゲ
タイプ
ボディ フル
生産年 2010
品種 カベルネソーヴィニヨン メルロー シラー
在庫 0
商品コード 54298
1本容量 750ml
このページのトップへ
ログイン新規登録

商品検索

Copyrightc 2009 KOHDA Co.,Ltd. All Rights Reserved.