• HOME
  • ワインってどんなお酒?

ワインってどんなお酒?

世界のワイン産地 まずは、なんといってもフランス二大産地ボルドー&ブルゴーニュ

ボルドー

「ワインの女王」と呼ばれる、世界一有名な産地

ワインに詳しくない方でも、「ボルドー」という名前だけは知っているほどの著名なワインを生産する、質・量ともに世界一のワイン産地。

とくに赤ワインが有名で、そのエレガントなスタイルから「ワインの女王」と呼ばれる超熟タイプ赤ワインを産出します

4000を超えるシャトーという単位でワインを生産し、メドック、サンテ・ミリオン、ポムロール等いくつかの地区に分けられますが、特にメドック地区に人気の高いシャトーが集中しています。

その理由はメドック地区の約500のシャトーワインを1855年パリ万博開催の際に1~5級に格付けを行い(トップ61) 、今なおその時の格付けのまま等級分けがされているからです。

5大シャトーと呼ばれる「シャトーマルゴー」や「シャトーラトゥール」などは、その時のトップ5に格付けされた著名なワインです。

 

◆代表的なワイン

「シャトーラフィット」

「シャトーラトゥール」

「シャトーマルゴー」

「シャトームートン」

「シャトーオーブリオン」

「シャトーシュヴァルブラン」

「シャトーオーゾンヌ」

「シャトーディケム」

「シャトーペトリュス」

「シャトールパン」など

 

 

ブルゴーニュ

あの「ロマネ・コンティ」が生まれる黄金の丘

ボルドーと並んでフランスを代表する世界的なワイン産地。

最北端に位置するシャブリ地区から、南端のボージョレーまで、実に200㎞を超えますが、ボーヌを中心とした約60㎞の地区がコート・ドール(黄金の丘)と呼ばれ、あの世界最高と言われる赤ワイン「ロマネ・コンティ」もこのエリアの非常に小さな畑から生まれます。

貴族がシャトー単位で管理していたボルドーとは違い、ブルゴーニュはその多くを教会や修道院が畑を管理していた歴史を持ち、フランス革命以後は農民に開放されました。

現在では遺産相続が繰り返される度に、畑は細分化され小さな区画に所有者が数十人いるといった畑も存在します。

また畑や村単位に格付けされ、その線引きも非常に細かく等級づけされています。

白ワインはシャルドネ、赤ワインはピノ・ノワールという単一の葡萄から作られ(一部エリアを除く)、格付けや土壌の違いでその味わいは大きく異なります。

 

 

◆代表的なワイン

「ロマネ コンティ」

「ラターシュ」

「コルトン」

「ムルソー」

「マコン」

「ヴォルネー」

「モンラッシェ」

「ニュイ サン・ジョルジュ」

「シャブリ」

「ボージョレー」など

 


ログイン新規登録

商品検索

このページのトップへ
Copyrightc 2009 KOHDA Co.,Ltd. All Rights Reserved.