• HOME
  • 1 シャトー オーブリオン 2007
商品詳細

1 シャトー オーブリオン 2007

Chateau Haut Brion 2007

1855年メドック格付けで例外的にグラーブ地区から第1級に選出されたシャトーオーブリオン。

世界で最もエレガントで、アロマの複雑なワイン
一貫性と、輝かしい品質を示すシャトーオーブリオン!
滑らかで熟した果実味に支えられた2007年

1855年メドック格付において第1級。唯一グラーブ地区から選出されたシャトーオーブリオン。グラーブ地区のオーブリオンは当時から高く評価されており、パリ博覧会でボルドーワインを披露するために行われたメドック地区の格付けですが、ボルドーワインに欠かせないとして例外的に選出されました。他のメドックの5大シャトーに比べメルローの比率が高いため、渋みが少なく柔らかさがあり、グラーヴ地区らしい香りや味の調和のとれた、とても親しみやすいワインです。

1550年から現在のオーブリオンの歴史は始まりますが、1600年頃にはすでにイギリスに輸出されており大変人気がありました。ナポレオン戦争で敗れたフランスの敗戦処理を行うウィーン会議では、フランスの外相タレイランにより豪華な料理とシャトーオーブリオンが振る舞われ、フランスの国家消滅を救ったと言われています。

ボルドー市街に近く、グラーブ地区の銘醸地ペサック・レオニャンに位置するシャトーオーブリオンは緩やかな斜面の砂利混じり土壌に、カベルネソーヴィニヨン45%とメルロー37%、カベルネ・フラン18%の3種類が植えられています。豊かな香りとともに、程よいタンニン、複雑でエレガントな風味と、まろやかでたっぷりとした旨味。優れた凝縮感を持ち合わせていて、いい年のものは、若いうちから飲みやすいにも関わらず、ゆっくり寝かせると重みとともに滑らかな舌触りも増し、30年の熟成にも耐えることから、五大シャトーで最も飲み頃の期間が長いとも言われています。

2007年のシャトーオーブリオンは強調されたタンニンにも関わらず、滑らかで、熟した果実味に支えられており。風味はオーク、熟したブラックカラントとプラムの含みを示します。しっかりとし固く編まれたワインで、非常に若々しく、時を経てきれいに熟成するであろうと言われ、各誌が高く評価するヴィンテージです。

1 シャトー オーブリオン 2007
1 シャトー オーブリオン 2007
ネット価格 ¥57,280 (税別)
数量
現在品切れ中

ワインデータ

生産国 フランス
産地 ボルドー/グラーヴ
クラス メドック地区第1級
タイプ
ボディ フル
生産年 2007
品種 カベルネソーヴィニヨン45% メルロー37% カベルネフラン18%
在庫 0
商品コード 212015
1本容量 750ml
ログイン新規登録

商品検索

このページのトップへ
Copyrightc 2009 KOHDA Co.,Ltd. All Rights Reserved.