• HOME
  • メオ・カミュゼ


ドメーヌの歴史は1900年代初めにエティエンヌ・カミュゼによって始まります。ブルゴーニュの発展に尽力したエティエンヌは、今日メオ・カミュゼが所有する輝かしい数々のブドウ畑を手に入れていました。しかしカミュゼ家には跡継ぎが出来なかったためブドウ畑は親戚メオ家のジャン・メオに遺されます。



ジャン・メオは1985年よりドメーヌ元詰めを始め、アンリ・ジャイエの協力のもと『ドメーヌ メオ・カミュゼ』は一気にヴォーヌ・ロマネのトップドメーヌとして注目を浴びるようになります。1989年よりドメーヌを引き継いだ現当主ジャン・ニコラ・メオは、ジャイエからワイン造りを学び、減農薬農法に低収量、100%除梗し低温浸漬、高い新樽比率、ノンフィルターなどジャイエのスタイルを継承しています。ジャイエはコンサルタントとしてもドメーヌのワイン造りに関わり、『ドメーヌ・メオ・カミュゼ』の名声をこれほどないものに高めました。


現在、ジャン・ニコラ・メオの片腕としてブドウ栽培全般を担うクリスチャン・フロワと共に、ジャイエの教えともいえる、テロワールを十二分にワインに表現させるということに腐心し、高水準のワインを生み出しています。


ヴォーヌ・ロマネの素晴らしさに、メオ・カミュゼの個性的なスタイルが合わさった2009年ヴォーヌ・ロマネ!

メオ・カミュゼの果実味を大切にするスタイルが良く表れた 2009年の『レ・ショーム』

エマニエル・ルジェとメオ・カミュゼの二人のみが所有する 別格のブドウ畑『クロ・パラントゥー』!

ドメーヌ最高のグランクリュ『リシュブール』!甘くかぐわしい香りが広がり、濃厚な果実の味わいが幾重にも重なり合います。

店頭販売も行っておりますので、急な売り切れの場合があります。その際はご注文いただきましても、キャンセルさせていただく場合がございます。お許し下さいませ。


ログイン新規登録

商品検索

このページのトップへ
Copyrightc 2009 KOHDA Co.,Ltd. All Rights Reserved.