• HOME
  • ジャン=ルイ・ライヤール

その創設以来,世界中のワイン愛好家たちを虜にするドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ(=DRC)。そのDRCで40年間働いていた母(しかも,あのロマネ・コンティの畑のブドウの摘み取りを任されていた最も優秀な収穫人の1人)と,同じく37年間働いていた父を両親に持つ男,ジャン=ルイ・ライヤール/Jean-Louis Raillard。DRCで数年働いたジョシュ・ジェンセンが創設したカレラをカリフォルニアのDRCとするならば,DRCでめぐり合った両親の子に生まれ,DRCのセラーのすぐ裏手に住み,子供のころから両親の仕事(つまりDRCの栽培や醸造)を目の当たりにして育ったライヤールは,まさに“DRCで生まれDRCで育ったDRCの息子”と言っても過言ではない。

しかも,ライヤールは毎年DRCの瓶詰めに立会い,試飲もする権利を持っている数少ない男だ。自らもDRCで働き,さまざまなネゴシアンでも働いた経験を持つライヤールは,現在,著名なボーヌ醸造学校で教鞭を取る傍ら,自身のドメーヌでワインを造っている。

平均樹齢50年という素晴らしい古樹の畑を所有する彼のワイン造りは,有機栽培(完全なバイオダイナミック農法へ転換中),馬による耕作,遅い収穫,低収量,非除梗,高温発酵,澱引き回避,無清澄,無濾過,重力に逆らわない瓶詰めなど,正真正銘DRCから受け継いだブルゴーニュの王道を行く方法だ。ドメーヌは栽培面積3.5ヘクタール,年間総生産量7千本前後という超ミクロ・ドメーヌ。神秘なるロマネ・コンティの神髄のすべてを継承したジャン=ルイ・ライヤールが造るスーパー・ブルゴーニュ・ワインをぜひともご堪能ください。

平均樹齢75年に達する,わずか0.7haの区画から産まれるドメーヌのフラッグシップ・ワイン。

3つの村名畑のアッサンブラージュから造られる。複雑で繊細,長期熟成が可能で,骨格のしっかりとしたワイン。

「まるでDRCが造るニュイ・サン・ジョルジュ!」と呼べるような驚異的なポテンシャルを秘めています。

ヴォーヌ・ロマネ村のクリマ『レ・パキエ』のブドウから造られる100%除梗した上品なピノノワール!

店頭販売も行っておりますので、急な売り切れの場合があります。その際はご注文いただきましても、キャンセルさせていただく場合がございます。お許し下さいませ。


ログイン新規登録

商品検索

このページのトップへ
Copyrightc 2009 KOHDA Co.,Ltd. All Rights Reserved.